「食事でよくなる!子供の発達障害」が高評価しかも無料だったので読んでみた

「食事でよくなる!子供の発達障害」の良いところ

 自閉症が良くなるケースを読むことができる

 レシピ(食事とおやつ)が豊富に載っている

 2章にある「発達障害とは」の解説がどの本よりも良い

 医師の視点ではなく母としての目線で書かれているので共感できる

Amazonのレビューの多さから「食事でよくなる!子供の発達障害」という本が目に留まった。

食事に関しては藤川徳美先生の書籍しか読んでいなかったし、無料で読めるということなので即ダウンロード!よく見てみたら「ともたかずこ著・藤川徳美監修」とあり、食事と発達障害については、やっぱり藤川メソッドが最強なのだなぁと思ってしまいました。

藤川徳美先生ってどんな人?

医学博士。うつ病の薬理・画像研究やMRIを用いたる老年期うつ病の研究を行い、老年発病のうつ病には微小脳梗塞が多いことを世界に先駆けて発見する。2008年、ふじかわ診療内科クリニックを開院。気分障害、不安障害、睡眠障害、ストレス性疾患、認知症に対して多面的な治療法を採用しながら治療にあたっている。

 ふじかわ診療内科クリニック クリニックのHPを見る

 著書「うつ消しごはん」など多数 著書を見る

「食事でよくなる!子供の発達障害」の内容と感想

 第一章

著者ともたさんのお子さんの発達障害(ADHD)と、ともたさんご自身の心の病がみつかる経緯が書かれている。母子共に鉄不足、お母さん(ともたさん)は、深刻なたんぱく質不足だった。

お子さんの抱えている困り感、発達障害の子どもを持つお母さんの心境など、共感できる話で埋め尽くされおり、発達障害児の親ならば、うんうんと頷きながら読んでしまうだろう。

私自身も藤川先生の本を読んだ時にはあまりの衝撃で、自分の母の作ってきた食事、うつ病でかかってきた病院に対してうらめしい気持ちになったが、高たんぱく質、高鉄分、糖質を控えた食事がうつや子どもの発達に関係しているなど、ほとんどの人は知らないのだ。精神科医だって知らない(知っていても言わない)のだから当然だ。

発達障害に食事なんて関係ないと思っていたのに、私も息子も、藤川先生のおっしゃっていることにピッタリと当てはまっていたのです。

この事実に直面したときのショックは、言葉では言い表せないほどのものでした。
自分の食に対する意識の低さ、知識のなさ、さらには医師ですらそのことを認識せず、適切な対処をしてくれないケースが多い現実に、私は愕然としました。

「食事でよくなる!子供の発達障害」第一章 すべてはたんぱく質と鉄分の不足が原因だった

 第二章

ここからは、発達障害の種類と症状、発達障害に対しての一般的な対処法、そして、栄養療法で発達障害が改善できるということについて、藤川先生の解説にバトンタッチされる。

自閉スペクトラム症/自閉スペクトラム障害の典型的な特徴は、相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、趣味や行動の偏り(こだわり)です。

感覚が異常に過敏(または鈍感)だったり、柔軟に思考することや変化に対処することがむずかしかったりすることもあります。

「食事でよくなる!子供の発達障害」第二章 発達障害とは 解説=藤川徳美

続いて、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)の解説があり、藤川先生の治療法のひとつ「栄養療法」についてが書かれています。

これまでの当院の患者さんのなかで、自閉症スペクトラムと診断された子どもを持つ母親は、ほぼ全員フェリチン値が10ng/ml以下でした。

当院を受診しているADHD、LDの患者さんは、全員が母子ともに低フェリチンです。逆に、低フェリチンでないADHD、LDの患者さんは診たことがありません。

「食事でよくなる!子供の発達障害」第二章 発達障害とは 解説=藤川徳美

藤川医師の本を読んだことがない方は、このような事実には目を疑ってしまうかもしれません。

我が子が発達障害、もしくは、発達障害かもしれないと思っているお母さんとお子さんは、病院でフェリチン値を測ることをすすめられています。

 第三章

著者が藤川先生の治療法を参考にした食事法が書かれている。

藤川先生の「うつ消しごはん」にもレシピが載っていたが、ともたさんのレシピのは母親目線、主婦目線。おやつに「パリパリに揚げ焼きした鶏皮」をポテトチップスの代わりにするアイディアなど、今すぐマネしたい料理法がいっぱいだ。

第二章前半は、すでに藤川先生の本を読んでいる場合は目新しい情報はないが、後半にある「野菜はあまり必要ない」や「牛乳を飲みすぎない」は必読。これまで、野菜をたくさん食べる子は良い子、みたいな考え方をしていた自分を張り倒したい気分だ。

そして、章の最後には、ともたさんオリジナルのレシピが写真付きで並んでいる。

藤川先生もすすめられていた「プロテインアイス」の作り方もあり、これは嬉しい!!

 第四章

第四章は、子供の発達障害を食事で改善させた体験者の手記。

自閉症、ADHD、アスペルガー症候群の子どものお母さんの体験談が寄せられている。

これまで私が読んできた藤川先生の本では、自閉症の症状が良くなったという話は出てこなかったので、このページは食い入るように読んだ。

自閉スペクトラム症の長男のIQが72から102にアップし体力がついて友達との交流も問題がなくなった。

――高萩きずな(仮名)パート保育士43歳

「食事でよくなる!子供の発達障害」第三章 子供の発達障害を食事で改善させた体験者の手記

引用させていただいたのは、発達障害の傾向がある4人のお子さんを育てているお母さんが書かれたもの。

きょうだいの中で食事の改善が進んでいる長男くんが、もっとも発達障害の症状が良くなったという事実が書かれている。この手記は、自閉症児を育てている私にとってヤル気を起させるお話であった。

「食事でよくなる!子供の発達障害」を無料で読む方法

「食事でよくなる!子供の発達障害」を本で買うと1,430円です。

今回は、Amazonが提供している、キンドルアンリミテッド(Kindle Unlimited )という読み放題のサービスの無料体験を利用して、タダで読ませていただきました。

私は書籍は紙の方が読みやすいと思っている昔ながらのタイプですが、本をダウンロードすれば、スマホやタブレット、PC、どこからでも読めるというのはすごく便利でした。どの端末で読んでも、読み進めていたところまで同期してくれるし、Amazonが提供している電子書籍だけあってKindleは使い勝手がいいです。

「食事でよくなる!子供の発達障害」を無料で読んでみたい方は、ここから無料体験の申し込みをしてください。

無料体験に申し込んだ後、ここを開くと「Kindle版 ¥0」というボタンがあるので、そこから本をダウンロードします。

本を読む時は、Kindleという無料読書アプリを使って読んでくださいね。(KindleアプリはPCでもスマホでもここから入手できます。)

ちなみに、Kindle Unlimitedの読み放題の中に、徳川先生の「分子栄養学による治療、症例集」という本もありました。こちらは書籍で買うと2,200円!レビューも良かったので、無料体験の間に読んでみたいと思います。

CHECK!藤川式食事法、関連記事はこちらからどうぞ!

【藤川式】うつ消しごはん生活に欠かせない美味しいプロテイン「ビーレジェンド」

「うつ消しご飯」の食事法について栄養士に聞いてみたらバッサリ切られた件

3年早く「うつ消しごはん(藤川徳美)」を読んでいれば鬱で入院しなかったかもしれない

自閉症の娘に鉄とたんぱく質を!「精神科医が考えた!心を強くする食事術(藤川徳美)」を読む

自閉症の娘とウツ気質の私のために「薬に頼らず子どもの多動・学習障害をなくす方法(藤川徳美)」を読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です